100歳まで生きる人生戦略

根本的な時間管理術で、会社員の「時間がない」解決しよう!

時間がないって口癖の人はいませんか?

1日24時間しかない、みんなが平等に持ってる資産『時間』

でも、「時間がないよー!」

というのが口癖になってる人はいませんか?

その一方で、効率よく時間を使い充実した日々を送っている人がいるのもまた事実です。

でも、30代の男は働き盛りで、時間がいくらあっても足りない!って人も多いのではないでしょうか?

時間をつくる方法は二つ。

当たり前ですか、いくら時間が欲しいからって言ったって1日が25時間になる事はあり得ません。

すでに今使ってしまっている時間をどうにかして『節約』して時間を生み出すしかないのです。

具体的にどうやって、時間を節約すれば良いですしょうか?

今してる事を辞める

どこかにムダな時間が転がっているなんて事はありません。

『隙間時間』を使うという言葉もありますが、そもそも現状24時間隙間なく何かに使っている時間です。

自分が一日の中で行なっている『何か』を辞めてバッサリと切り捨てるしか、時間は生まれないのです。

トラオくん
トラオくん
例えば、ドラマやYouTubeを見るのを辞めたり、残業を辞めたりすることです。

質を高めて効率化する

質を高めて行動にかかる時間を短縮する。すると、短縮された分だけ時間を得ることが出来ます。

ココちゃん
ココちゃん
実際に買い物に行かずにAmazonで済ませたり、仕事のスピードアップを図って退社時間を早めるなどです。

多くの人が時間を作るときに短縮するのは『睡眠時間』

分かってはいても、なかなか時間の短縮は上手くいきません。なので、僕も含めて多くの人が最初に手をつけるのが睡眠時間の短縮です。そりゃそうですよね、その日から始められて、眠気さえ我慢すれば一気に1時間や2時間もの時間を手に入れることができるのです。

僕は、睡眠時間の短縮はオススメしません。

何か頑張らなきゃいけない時に、徹夜する習慣になっている人は多いのかもしれませんが、翌日の疲れや集中力の欠如は手にいれた時間よりも大きいマイナスだと感じるからです。

だけど、無駄に長い睡眠時間は短縮して、なおかつ睡眠の質を上げることができれば人生で使える時間は劇的に増えていくはず。

一時的に睡眠時間そのものを短縮するのではなく、睡眠時間を習慣的にクリエイトするのです。

ポダム
ポダム
戦いの基本はまず、『敵を知り、己を知る』なので睡眠について調べてみましょう。

適切な睡眠時間とは?

適切な睡眠時間と言うのは、個人差が多く性別、年齢、基礎代謝や精神的な疲労など様々な要因によって変わるのですが、研究結果によると30代で平均約7時間と言われています。

これは平均でしかあらず、実際には偉人とされる人でも睡眠時間はバラバラです。

ー出典

人間の睡眠は、眠りの浅い「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」の2種類からなり、通常は90分の周期で繰り返しています。つまり6時間か7時間半の、90分の倍数となる睡眠時間が理想的です。

(芸能人の武井壮さんなどに代表される「ショートスリーパー」はノンレム睡眠の時間が長く睡眠の質が高いので短時間睡眠が可能だそうです。)

トラオくん
トラオくん
平均約7時間で7時間半から6時間の睡眠が周期的にベストなら、長くても7時間半寝れば充分そうだな。

時間を作りたい6時間睡眠にチャレンジしてもいいかも。睡眠の質を高めるには?

一般的に睡眠の質を高める方法は、就寝前のカフェインの摂取をしないとか、コップ一杯の水を飲むとかがありますが、僕は睡眠に詳しい医師ではありません。

このサイトでお伝えしたいのは、科学論よりも精神論。

僕が睡眠の質を上げるためにしているのは、

●明日することをtodoリストに入れる。
●今思ってることを書き出す。
●一日の始まりを夜に持ってくる。

▶明日することをtodoリストに入れる。
これはiPhone純正のアプリのリマインダーを使って、思いつく限り明日したい事を書き出しておくのです。「朝起きて、お気にいりのパン屋さんに行く」とか書いてれば、今起きなくては!ってなるもんです。

▶今思ってることを書き出す。
考え事をしていると、なかなか寝られないことが多いので、自分のアイディアや何か頭に思い浮かんだ事はさっとメモをしてから寝ます。忘れてもいいと言う保険が精神を安定させてくれるのです。

▶1日の始まりを夜に持ってくる。
思考の問題なのですが、1日の始まりを朝ではなく夜だと捉えるのです。つまり、今日の疲れを取るために睡眠を確保するのではなく、明日の準備のために早く寝ると言う意識を植え付けるのです。

生み出した時間で何をするかイメージする事が大切。

後半は、睡眠時間について書きましたが、会社員が1番時間を捻出できるのは睡眠時間をしっかり管理することです。

睡眠時間がしっかり管理できれば、おのずと、1時間、1分に対しての考え方も変わり、他の隙間時間の使い方にも変化が現れるのです。

逆に、隙間時間だけ有効に使おうとしても、睡眠時間の管理がおろそかになれば仕事効率は全体的に下がります。

ポダム
ポダム
仮に1年間の休みと200万円を貰ったら、あなたならどうしますか?

そんな事不可能だよ!っと思うかもしれませんが、可能なんですよ。

もう一度聞きます、

1年の時間と200万円を貰ったら貴方なら何をしますか??

真剣に考えてみてください。

それが、時間を作るときに1番必要になる何よりのモチベーションになります。自分が成功した時、自分が欲しいモノを得たときの感情を具体的にイメージする。

今、動かなければイメージはイメージのままで終わる。

それが原動力になるのです。

では、次は『誰でも1年間の時間と200万円の貯蓄を生み出す方法』をお伝えします。

ポダム
ポダム
その前に自分の睡眠サイクルを理解することが大切になりますので習得しておいて下さいね。
あわせて読みたい
年収300万でも、1年間の自由時間と200万円の貯蓄を生み出す方法。お金と時間を手に入れる精神と時の部屋は実在する。 30代の男性だとご存知ですよね?精神と時の部屋。 実は『精神と...