100歳まで生きる人生戦略

100歳まで生きる人生戦略に必要な考え方。

私たちはいま途方もない変化のただなかにいるが 、それに対して準備ができている人はほとんどいない 。その変化は 、正しく理解した人には大きな恩恵をもたらす半面 、目を背けて準備を怠った人には不幸の種になる 。グローバル化の進展とテクノロジ ーの進化がそうだったように 、それは私たちの生き方と働き方を様変わりさせるだろう 。その大きな変化とは 、長寿化の進行である

とは、ベストセラーの本life shift の冒頭部分である。

30代になってこの本と出会い僕は感銘を受けました。「こんなにノンビリしていたら人生は一瞬で終わってしまう!」というか、年金が信用できないなんて言われる現代において、お金の知識もナシに人生設計するのはコンパスを持たずに航海するようなもんです。

着々と伸びる日本人の寿命、超高齢化社会はどんな問題を僕達に与えるのでしょうか?

出典

個人的に洗い出した幸せの条件

自分が生きてきた中で見えてきた、幸せの条件を書き出してみようと思う。

健康を維持する

誰しもが最初に考える幸せの条件ではないでしょうか、日本人の健康寿命は男性で70.4歳、女性73.6歳で実はおおよそ10年前後の寝たきり期間があるのだ。

ー出典

子供の頃の夢だった「長生きしたい」は本当は「健康で長生きしたい」の意味だったことに気づかされます。若い時は健康が当たり前だった。。

超高齢化社会の現実はそんなに甘くなくて、健康維持は人生をかけてのテーマだということに30歳を過ぎてから気付かされました。

▶寿命よりも健康寿命!

仕事の質を保つ


30代と言えば、会社に所属しておよそ10年近く。同じところに勤め上げているのであれば、会社の概要は理解できてきて、「この先自分が所属する会社でどのような立場になってどのような仕事をしどのような給料もらえるか」と言うおおよその目安が立ってくる頃だと思います。

そんな時に重要なのが、自分のやってる仕事の質が自分に合っているかと言うことです。

自分の処理能力を超えた仕事ばかりしているのであれば、仕事に追われストレスを抱え日々を満足に生きれません。逆に自分の処理能力よりも明らかに低い仕事をしているのであれば、1日の大部分を占める仕事につまらなさを感じ「充実感」を得にくい日々を送ることになります。

▶仕事は簡単すぎても難しすぎてもだめ!

自分に投資する


独身であろうと家族を持っていようと、必要なのが自分のスキルや知識に対して投資する時間です。
考えてみてください、世界の名だたる大富豪やビジネスマンがあなたのように昼間からテレビを見るような生活を続けていると思いますか?

規則正しく朝早くに起き運動したり、意図的に本を読む時間を作ったり、自分自身に投資する時間を惜しまないのが鉄則です。

ここで注意したいのは、会社内でしか通用しないスキルではなく、社会的に通用するスキルを身に付けるべきです。なぜならあなたが所属する会社よりも、あなたの寿命の方が長くなる可能性が高いからです。終身雇用時代は終わり、人々の寿命が100年に到達する頃、日本の人口は今よりも劇的に少なくなります。つまり日本のマーケット自体が縮小に転じていると言うこと。

2017年、新生児の出生人数は100万人を初めて下回りました。それでもあなたは、今いる会社を信じますか??

▶未来の自分に時間を投資しよう!

趣味を持つ


ここまで堅苦しいことを言ってきましたが、人生において仕事やお金だけが全てではありません。

自分の祖父の話になりますが、バリバリのビジネスマンだった祖父は退職後に楽しめる趣味を何一つ持ってませんでした。退職後にそのままテレビの前に居座る日々を過ごし病気で亡くなりました。生涯を通じて楽しめる趣味は必ず持つべきです、できれば体を動かす趣味がいいですね。

▶マジで身体を動かそう!

権利収入か複利でお金を回す


お金が大事じゃないとは言っても、お金がないと何もできませんね。笑
では問題です。

「100歳まで生きるとして 、勤労時代に毎年所得の約10%を貯蓄し 、引退後は最終所得の 50%相当の資金で毎年暮らしたいと考える場合 、あなたは何歳で引退できるか ? 」

この問はLIFE SHIFT の中で詳しく解説されていますが、80歳まで働く必要があるのです。80歳までですよ!!

アラサーの人の中には、腰を悪くしたり膝を悪くしたり、持病持っている人も多くいるかと思います。そんなあなたに今の仕事を80歳まであと50年間続けれる自信のある人はいますか??そこまで体力に自信のある人なら良いですが、人生何があるかわかりません。少しでもリスクを回避するために、お金でお金を生み出す方法を構築する必要があると僕は考えます。

違訳説もありますが、発明アインシュタインは「数学最大の発明は複利である」と言いましたね。

多少リスクがある事は承知の上ですが、払ったお金が戻ってくるか分からないような年金にお金を払うくらいなら、「複利運用できるモノ」に投資して見たほうが良いように思います。

年収300万円台で投資なんて、、って思う人も多いと思いますが、今や1,000円や2,000円からだって株が買える時代です。働いていて収入があるうちにいろいろ挑戦しないと、年金暮らしになってから何かに投資する余裕なんて無いはずです。初めるなら早い方がいいですよね。

▶月に2000円でも何か投資に回してみよう!

さて、人生の軸が決まったところで動き出さなければ意味がありません。
目先の利益に囚われず、1日1時間1ヵ月に2,000円からできる将来への準備を一緒にはじめませんか!?!

自分がいくら将来に向けて貯蓄すればいいかはコチラ!

誰でも少額から稼げるbitcoinのバブル市場はあと僅か!